医学部受験攻略のための予備校の選び方

予備校へ行きたいけどどこを見て選んだらよいのか

>

予備校に通うなら

予備校でも特典

まず、受験したい大学の情報を集めることも大事です。
公立と私立では問題の出題傾向も違います。
また、出題者のくせもあると思うのですが予備校ではそこまでバッチリチェックしています。
自分の行きたい大学への勉強カリキュラムを組んでくれるのでとても勉強しやすいでしょう。
自分でチェックしていちいちやっているよりも無駄がなくよりよい勉強ができるでしょう。

また、予備校で全国模試を取り入れているところもあります。
予備校によってはその模試代金も無料でやってくれるところもあります。
1年間で大体10回はあるそうです。
それに毎回参加させてもらえるとモチベーションも上がるのではないでしょうか?
全国模試での成績を自分のバネに頑張ろうって思えますもんね。

現役医師の体験談

実際に医師として働いている先生に予備校時代の話について聞いてきました。
予備校をどのように選んだかは忘れてしまったが今頑張って勉強している人には是非大学合格を目指してほしいそうです。
予備校と自宅で勉強をしているとストレスもかかるし、嫌になってくるときもあるそうです。
そんな時は遠慮なく遊びに行って楽しい時間を過ごすこと。
勉強も大事ですが、よく寝て、よく遊び、よく勉強する。これにつきます。

その先生は朝型だったそうで朝早く起きて勉強する、昼間学校やファミレスに行き勉強する、一度休んで夜予備校で勉強すると言ってました。
夜、覚えたものってすぐ忘れてしまうそうです。
ならば、朝目を覚まして昼にきっちり覚えて夜は早く寝るという生活のほうがよいと考えたのでしょう。
今でも元気に仕事をされています。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる